春の風邪

桜にも青葉が混じるようになってきましたが、暖かくなったり、寒くなったりの気候がまだ続きます。今日の外来でも「風邪をひいた」と何人もの患者さんが来院されました。

私も毎年必ず、桜咲く頃に風邪をひいて、ほとんど年中行事となっているのですが、今年は来ないのかなと思っていたら喉に違和感が出てきて、今日はのど飴をお供に出勤です。

「春の風邪」は俳句の季語にもなっており、俳句では正岡子規の「蒲団着て、手紙を書く也 春の風邪」のようなのどかなものが多いのですが、実生活では、なかなか風流を決めこむわけにもいかない厄介な「風物詩」です。

現代でも風邪に特効薬はないわけですが、やっぱり困るので、昔から治療法が色々模索されています。平安時代の日本最古の医学書「医心方」ではニンニクが風邪薬としてあげられ、江戸時代に入ると学者の貝原益軒が風邪薬としてショウガの服用をすすめています。

確か平安時代の「源氏物語」には「ひどい風邪で熱さましのためニラを飲んだので、臭くてお会いできません」というようなことを言って、面会を断る場面があったような・・・ 記憶曖昧ですが、仮病の場面だったと思います。ニラの口臭を口実とした面会謝絶は現代では通らないでしょうね。

ニンニク、ニラ、ショウガ。現代からみても効能ありそうな3食材ですが、全部とると明日の外来は源氏物語以上の大惨事となりそう。今日の夕食はすりおろしニンニク、ショウガで鍋あたりに留めたほうが無難でしょうか。

春風邪だけでなく、まだインフルエンザもパラパラ発生しているようです。皆様も手洗い、うがいで予防に気を付けて下さい。

Pocket

今も昔も

初登場の院長です。

基礎工事もいよいよ完了。そろそろ外壁材を決める必要があり、4/4関係者一同で協議。ナチュラルな木目調の茶と、白の2色に決定しました。木のぬくもりを感じられるような和のテイストを基調としたデザインを目指しています。

DSCF1934

建物を雨風、火災から守るとともに、外観の表情を決める外壁材は今も、昔も建築時の重大項目のようで・・ 例えば城では、俗に「黒い城」豊臣系、「白い城」徳川系などと言われることがありますが、時期による材料の変遷、流行りも大きいようです。「黒い城」として代表的な大坂城(今の大坂城ではなく豊臣期)、松本城などは漆が使われています。漆は防腐性、防火性にすぐれているものの紫外線の影響で変色しやすいので、頻繁に塗る必要があります。豊臣期には黒い城が流行るのですが、漆は高価なので裕福でないとなかなか使えず、例えば私の母校のある島根県の松江城などは「黒い城」ですが炭に柿渋を塗ったものです。こちらは長くもつので、金銭面重視の選択ですね(こちらが多数派です)。豊臣秀吉は裕福なので瓦も金箔瓦と豪華絢爛!

対して「白い城」は、名古屋城、今修復で話題になっている姫路城などが代表的ですが、漆喰が広まったことにより徳川期に普及します。防火性にすぐれて、外観も優美ですが、雨で剥落しやすいのが弱点。当時10年程度で塗り直しが必要で、コストが非常にかかります。

まぁ徳川家本家の江戸城自体が10年ほどで漆喰がはがれはじめ、漆喰はがして一旦黒塗りにして、修復しようかどうか悩んでいるうちに焼失してしまって、結局そのまま・・という調子。機能や外観美へのこだわりと、財政面のバランスの悩みは今も昔もかわらないようですね。

現代の外壁材は30年も耐久性があるようです。外観もイメージ通りにできあがってくるか楽しみです。今後名誉院長とともに、私も開業までの道のりを綴っていく予定です。よろしくお願いします。

Pocket