上飯田の地 ①

3月11日

上飯田があれば下飯田がありそうです。ありました。御成通りの西側、上飯田からは南西方向、名古屋城の方向です。城を中心に考えると上下(かみしも)反対のように思えますが、別の理由があるのでしょうね。このあたりは昔は農村で、近くを流れる矢田川の伏流水が田から湧き出て(井)、井田と呼ばれ飯田の字があてられたようです。大正時代に紡績工場などが進出し、工業地帯を形成し、現在はその工場跡が大規模住宅団地(公団住宅、尾上団地、市営住宅)や小学校・中学校になったとのことです。クリニック予定地は木材工場の跡地で、瀬戸から水運で運ばれてきた陶器類を、輸出のために箱詰めする、その木箱を作っていたとのことです。敷地をよく見ますと、陶器の色とりどりの破片が多数みられます。土地利用の変遷から、時代の流れを感じます。

DSC_0228今日、工事が始まりました

Pocket

地盤改良工事とは

3月10日

土地そのものが、土台(基礎)を含めた建屋の重みに耐えられるように、柱状のセメントを深部の固い地盤まで入れる作業だそうです。結果、固い地盤からセメントの柱が建屋を支えることになります。その数なんと百本!深さ約4メートル、用いるセメント末は34トンとか。今度見に行きます。

 

Pocket

看板が立ったよ

3月9日

地鎮祭が終わって、建設予定地に看板が立ちました。建ってみると結構目立ちます。少し気恥ずかしい。明後日から地盤改良工事です。IMGP1832IMGP1830

Pocket

はじまりのはじまり

3月7日

地鎮祭 いよいよ上飯田泌尿器科内科クリニック、はじまりはじまり。名古屋市北区八龍町に10月1日はじまりをめざして建築がはじまります。

更地
IMGP1805 地鎮祭当日IMGP1828記念撮影
IMGP1815

Pocket